TOP > 雪崩情報 > 雪崩情報 > 2018年3月13日6時発表

雪崩情報【妙高(Myoko)】 18/3/13

[ 特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク(JAN) ]
2018年3月13日6時発表の妙高(Myoko)の雪崩情報を お知らせします。

Danger Rating雪崩危険度と傾向

信頼度 (confidence):high   

Avalanche Problem留意すべき雪崩

湿雪 Wet Snow

標高帯

斜面方位

SE S SW

誘発の可能性

発生しうる規模

昇温と日射の影響による濡れた雪の点発生雪崩あるいはグライドクラックの入った斜面での全層雪崩

Summary概要

雪崩 / Avalanche

昨日(12日)は低い標高帯にて、スキーカットで濡れた雪の点発生雪崩、サイズ1が複数、観察されています。

積雪 / Snowpack

積雪表層は、日中の昇温と日射の影響で、融解と凍結を繰り返し、春スキーのコンディションとなっています。標高を上げると、日中の融解はあまり進んでおらず、硬いままとなっています。

気象 / Weather

気象庁は南の風、日中、南西の風、晴れ、高田にて最高気温17℃が予報されています。妙高笹ヶ峰、標高1310mにて気温3℃(6時現在)、昨晩からの降雪はありません。

Travel Advisory行動への助言

本日は大幅な昇温が予報されており、フェーン現象も予想されています。現時点で麓はマイナスの気温ですが、この昇温によって、グライドクラックの入った斜面の雪崩危険度は急激に上昇するとお考えください。また、既に全層雪崩がでている場所でも、その上部にある落ち残りの雪ブロックなども崩落しやすくなります。バックカントリーだけでなく、スキー場における林道コースの法面など、自分の上方にそのような場所がないか注意してください。また、硬い雪面が露出しているところも多々ありますので、滑落にも十分、気をつけてください。