TOP > 雪崩情報 > 雪崩情報 > 2018年2月14日7時発表

雪崩情報【妙高(Myoko)】 18/2/14

[ 特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク(JAN) ]
2018年2月14日7時発表の妙高(Myoko)の雪崩情報を お知らせします。

Danger Rating雪崩危険度と傾向

信頼度 (confidence):moderate   

Avalanche Problem留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind Slab

標高帯

斜面方位

N NE E SE S

誘発の可能性

発生しうる規模

風で再配分された雪が形成するスラブ

湿雪 Wet Snow

標高帯

斜面方位

SE S SW

誘発の可能性

発生しうる規模

標高がとても低い区域において、日射と昇温による濡れた雪の雪崩

Summary概要

雪崩 / Avalanche

昨日(13日)は真新しい雪崩は報告されていません。北側の風の影響のない急斜面にて、スラフが多少出ていることが報告されています。

積雪 / Snowpack

妙高山域の海側および北側の里に近い区域では、過去3日間の降雪量は60-80cmに達していますが、一方、山岳域では降雪は僅かです。

気象 / Weather

気象庁は上越地方に対し、南の風、後、南西の風、強く、くもり、時々、晴れを予報しています。妙高笹ヶ峰、標高1310mにて気温-7℃(6時現在)、昨晩からの降雪はありません。

Travel Advisory行動への助言

標高を上げる方は地形的な局所に形成しているウインドスラブに警戒してください。単純な主稜線の風下側だけでなく、支尾根の側面にもスラブは形成しており、そのようなところは積雪が不安定になりやすいため、誘発しやすい場所です。今回の荒天の雪は、山岳域では多くありませんでしたので、以前の降雨や昇温で形成したグライドクラックや湿雪の凸凹が、新雪の下に隠れている可能性を忘れないように。それらは固く凍結していますので、無警戒でいると思わぬ怪我となります。標高が低い区域では、日中の昇温による雪の変化に気をつけてください。良い一日を。