TOP > 雪崩情報 > 雪崩情報 > 2018年2月13日7時発表

雪崩情報【かぐら谷川武尊(Kagura/Tanigawa/Hotaka)】 18/2/13

[ 特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク(JAN) ]
2018年2月13日7時発表のかぐら谷川武尊(Kagura/Tanigawa/Hotaka)の雪崩情報を お知らせします。

Danger Rating雪崩危険度と傾向

信頼度 (confidence):moderate

Avalanche Problem留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind Slab

標高帯

斜面方位

NE E SE S

誘発の可能性

発生しうる規模

稜線直下の急斜面に注意

Summary概要

雪崩 / Avalanche

昨日(12日)、新たな雪崩の報告はない。

積雪 / Snowpack

昨日までの荒天の降雪は多いところで20‐30cm。11日に埋没したクラストの境界面に密度の低い雪が観察されているが、結合は良い。強い西寄りの風を受け、風下にはウインドスラブが形成されている。10日の昇温と日射で融解した斜面は凍結している。

気象 / Weather

6時現在、標高700mのアメダス藤原周辺では新たな降雪が2㎝程。気象庁の発表では冬型の気圧配置が続くが、気圧の谷の影響を受ける見込み。このため、山麓では曇りで昼過ぎから夕方は雪となり、14日6時までの24時間に予想される降雪量は、関東甲信の多いところで25㎝の予報を出している。

Travel Advisory行動への助言

標高の高い場所で形成された、新たなウインドスラブの存在に注意してください。深い谷や崖などの、雪崩のサイズは小さくても被害を大きくしてしまう「地形の罠」の存在にも注意が必要です。風があたる場所では雪面が固くなっています。滑落にも注意して行動してください。