TOP > 雪崩情報 > 雪崩情報 > 2018年2月13日7時発表

雪崩情報【妙高(Myoko)】 18/2/13

[ 特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク(JAN) ]
2018年2月13日7時発表の妙高(Myoko)の雪崩情報を お知らせします。

Danger Rating雪崩危険度と傾向

信頼度 (confidence):moderate 降雪量が多い区域に対する危険度

Avalanche Problem留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind Slab

標高帯

斜面方位

N NE E SE S

誘発の可能性

発生しうる規模

風で移動した雪によるスラブ

ストームスラブ Storm Slab

標高帯

斜面方位

All

誘発の可能性

発生しうる規模

まとまった降雪で形成したスラブ

Summary概要

雪崩 / Avalanche

昨日(12日)は森林帯にて人的な誘発によるサイズ1の面発生雪崩(ストームスラブ)が報告されています。

積雪 / Snowpack

まとまった降雪は妙高山域の海側および北側で多くなっており、過去24時間で30cm以上の降雪量です。一方、笹ヶ峰や赤倉方面では降雪量は僅かですが、標高を上げると強い西風の影響によるウインドスラブが形成しています。寒気の影響で雪はドライで、風の影響の弱いところでは点発生雪崩を起こしうるような低密度な積もり方をしています。

気象 / Weather

気象庁は上越地方に対し、西の風、やや強く、雪を予報しています。妙高笹ヶ峰、標高1310mにて気温-10℃(6時現在)、過去12時間で約3cmの降雪量です。

Travel Advisory行動への助言

降雪量の多くなっている妙高山域の海側、北側の里に近い地域において、危険な雪崩コンディションとなっています。小さい雪崩でも重大な結末となる「地形の罠」に細心の注意を払ってください。一方、降雪量が少ない妙高山域の南側のエリアでは、標高を上げると強い西風の影響を受けたウインドスラブが形成していますので、凸状あるいは孤立した地形などを避けるようにしてください。また、標高の低い区域では、以前の降雨等による濡れた雪の雪塊やグライドクラックが、今回の降雪で隠れていますので注意してください。