TOP > 雪崩情報 > 雪崩情報 > 2018年1月13日7時発表

雪崩情報【妙高(Myoko)】 18/1/13

[ 特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク(JAN) ]
2018年1月13日7時発表の妙高(Myoko)の雪崩情報を お知らせします。

Danger Rating雪崩危険度と傾向

信頼度 (confidence):moderate  

Avalanche Problem留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm Slab

標高帯

斜面方位

All

誘発の可能性

発生しうる規模

過去数日の荒天の雪で形成したスラブ

点発生 Loose Snow

標高帯

斜面方位

N NE E

誘発の可能性

発生しうる規模

風の影響のない、とても急な斜面にて。

Summary概要

雪崩 / Avalanche

昨日(12日)は、降雪量の多かった妙高山域の北側の森林帯にて、北東斜面でサイズ1の面発生雪崩が複数観察されています。また、流下距離の長いサイズ1の点発生雪崩も誘発によって出ています。

積雪 / Snowpack

妙高山域の南側では、過去数日の降雪は20-30 cm程度で、北側の標高が低いエリアでは70-80 cm程度となっています。その下層には9日の降雨が形成した融解凍結層がありますが、森林限界以下では顕著な脆弱性は現在のところ観察されていません。

気象 / Weather

気象庁は南の風、後、北の風やや強く、昼前から雪を予報しています。標高1310 mの笹ヶ峰にて気温-10.6℃(6時現在)、降雪はほとんどありません。

Travel Advisory行動への助言

特定の地形で雪崩コンディションが高い日です。とても急な斜面や、地形が積雪を支えないような孤立した場所に残る不安定性に注意してください。また、雪崩が小さくとも重大な結末になりやすい「地形の罠」が、滑走する斜面下方にないかを考えてください。低温が続いており、雪のコンディションは良い状態です。斜面を選ぶことで、快適な滑走が可能です。