TOP > 雪崩情報 > 雪崩情報 > 2018年1月13日7時発表

雪崩情報【白馬(Hakuba)】 18/1/13

[ 特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク(JAN) ]
2018年1月13日7時発表の白馬(Hakuba)の雪崩情報を お知らせします。

Danger Rating雪崩危険度と傾向

信頼度 (confidence):moderate  

Avalanche Problem留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm Slab

標高帯

斜面方位

All

誘発の可能性

発生しうる規模

過去3日間の降雪で形成したスラブ

点発生 Loose Snow

標高帯

斜面方位

N NE E

誘発の可能性

発生しうる規模

風と日射の影響がない、とても急な斜面にて。

Summary概要

雪崩 / Avalanche

昨日(12日)は、標高2000 m~1800 m付近の東斜面にて、直近の降雪中の発生と思われるサイズ1-2.5の面発生雪崩が複数観察されています。破断面調査が行われいないため詳細は不明ですが、降雨による融解凍結層が滑り面として露出していることが遠方から確認されています。また、風の影響を受けない急斜面にて、サイズ1の点発生雪崩が誘発によって出ています。

積雪 / Snowpack

森林限界付近では、過去3日間(10~12日)の降雪による積雪が60-80 cmほどあり、それが9日の降雨による融解凍結層に載っています。この荒天の雪は部分的にやや弱いところを残すものの、下層に向かって密度を上げる安定した層となっています。一方、融解凍結層と荒天の雪の境界面では、まだ十分な警戒が必要です。限定的な観察によれば、顕著な再結晶化は観察されていませんが、硬い融解凍結層は良い滑り面となります。一つのピットで見た雪粒やテスト結果のみを信じるのは誤った判断の元となります。

気象 / Weather

気象庁は南の風、後、北の風、くもり、夕方から雪、最高気温2℃(標高400 m)を予報しています。標高1250 m付近では新しい降雪はほぼ観察されていません。標高700 mにて気温-11.8℃(6時現在)です。

Travel Advisory行動への助言

特定の地形で危険な雪崩コンディションが継続しています。西寄りの風で雪が堆積した、森林限界付近の大きな急斜面を避けてください。誘発の可能性は低いものの、もし発生した場合、大きくなりうるポテンシャルが存在します。そのような場所を避け、地形が積雪を支えるシンプルな斜面を選んでください。低温が継続していますので、比較的標高が低い場所でも雪のコンディションは良好です。樹林帯であれば、安全に滑走を楽しめる場所が簡単に見つかるはずです。