TOP > 雪崩情報 > 雪崩情報 > 2018年1月12日7時発表

雪崩情報【白馬(Hakuba)】 18/1/12

[ 特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク(JAN) ]
2018年1月12日7時発表の白馬(Hakuba)の雪崩情報を お知らせします。

Danger Rating雪崩危険度と傾向

信頼度 (confidence):moderate 森林限界より上部の北側斜面での不確実性が高い

Avalanche Problem留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm Slab

標高帯

斜面方位

All

誘発の可能性

発生しうる規模

標高が高いほど可能性は高くなる

ウインドスラブ Wind Slab

標高帯

斜面方位

N NE E SE S

誘発の可能性

発生しうる規模

西寄りの風で移動した雪が堆積した局所

Summary概要

雪崩 / Avalanche

昨日(11日)は視界が悪く、山岳での真新しい雪崩は観察報告されていません。スキー場の朝の安全管理では雪崩処理が行われています。

積雪 / Snowpack

一昨日(10日)から昨日にかけて降った雪は、森林帯においては順調に強度を上げていることが、昨日の時点で観察されています。この荒天の雪は、標高の低いところでは降雨(8~9日)で濡れた層に、やや標高が高いところでは凍結した層に載っています。標高の高い場所での旧雪と荒天の雪の境界面の情報は不足しており、不確実性が高い状況です。これらの上に、昨晩からの降雪が載っていますが、量も多くなく、風の影響も弱い堆積となっています。

気象 / Weather

気象庁は北の風、くもり、所により昼過ぎまで雪、最高気温1℃(標高400 m)を予報しています。標高700 mにて気温-6.7℃(6時現在)です。

Travel Advisory行動への助言

特定の地形で雪崩コンディションが高い日です。標高を問わず積雪に対する下支えのない孤立した地形、高い標高では風の影響を受けた雪が堆積する局所などに、特に注意してください。また、発生した雪崩が小さくとも重大な結末となりやすい「地形の罠」が滑走したい斜面の下方にないかを考えてください。森林限界より上部の北側斜面について、荒天の雪と旧雪の境界面について、判断のための現地観察データが少なく、不確実性が高い状況です。「状況は良くない可能性が高い」を前提として、地形を使った安全のマージンを十分に取ってください。