TOP > 雪崩情報 > 雪崩情報 > 2018年1月11日7時発表

雪崩情報【白馬(Hakuba)】 18/1/11

[ 特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク(JAN) ]
2018年1月11日7時発表の白馬(Hakuba)の雪崩情報を お知らせします。

Danger Rating雪崩危険度と傾向

信頼度 (confidence):high  

Avalanche Problem留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm Slab

標高帯

斜面方位

All

誘発の可能性

発生しうる規模

今回の荒天の雪が形成したスラブ

ウインドスラブ Wind Slab

標高帯

斜面方位

N NE E SE S

誘発の可能性

発生しうる規模

西~南西の間で風は変化しており、それに伴い、広い範囲でのウインドスラブの形成

Summary概要

雪崩 / Avalanche

昨日(10日)は、誘発によるサイズ1の面発生雪崩が複数観察されています。また、森林限界付近ではシューティングクラックや、アルパインエリアの方角から大きな雪崩音を聞いた、という報告も入っています。

積雪 / Snowpack

一昨日(9日)の降雨で濡れた雪面の上に、密度の高い吹雪の雪が載っています。この荒天の雪は、森林限界付近で、昨日の時点で40-60 cmあり、シューティングクラックや雪崩を発生させるなど、不安定な状況でした。ここに今朝までの降雪30 cm程度が載っています。森林限界付近では、濡れた旧雪と新雪の境界面において、既に再結晶化が始まっていることが、昨日(10日)の時点で確認されており、今後、「融解凍結層+こしもざらめ雪」のコンビネーションによる、取扱厄介な不安定性が出現する可能性が高くなっています。この種の不安定性が生じた場合、週末まで不安定な状態が継続しますので、今後の情報に注意してください。

気象 / Weather

気象庁は南の風、くもり、ところにより雪、最高気温3℃(標高400 m)を予報しています。標高700 mにて気温-4.2℃(6時現在)です。

Travel Advisory行動への助言

とても危険な雪崩コンディションです。多量の降雪があり、その不安定性が明瞭に現れています。また、風下側ではとても大きな雪崩が発生するポテンシャルがあります。たとえ樹林帯であっても、その内にある発生区からは容易に雪崩が発生しうる状況ですので、単に滑るだけでなく、移動の際も、適切な地形選択によるルートセッティングと行動マネジメントが必要不可欠です。経験の浅い方はゲレンデ内での滑走がお勧めです。その際は、必ず、滑走可能区域を守ってください。また、経験がある人であっても、十分な安全のマージンを取ることが重要です。森林限界付近では、今後も継続する不安定性について観察情報がもたらされています。概要もお読みください。