TOP > 雪崩情報 > 雪崩情報 > 2018年1月10日7時発表

雪崩情報【白馬(Hakuba)】 18/1/10

[ 特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク(JAN) ]
2018年1月10日7時発表の白馬(Hakuba)の雪崩情報を お知らせします。

Danger Rating雪崩危険度と傾向

信頼度 (confidence):moderate  

Avalanche Problem留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm Slab

標高帯

斜面方位

All

誘発の可能性

発生しうる規模

昨日からの降雪が形成したスラブ

ウインドスラブ Wind Slab

標高帯

斜面方位

N NE E SE

誘発の可能性

発生しうる規模

強い西風で形成したスラブ

Summary概要

雪崩 / Avalanche

昨日(9日)は荒天のため、山に入る人がほぼいなかったため、新しい雪崩の観察情報は入っていません。

積雪 / Snowpack

標高1500 m以下では降雨で十分に濡れた雪の上に、昨日からの降雪が載っています。標高1250 m付近では、過去12時間で30 cm程度の降雪となっており、これらは強い西風の影響を受けつつ、堆積しています。

気象 / Weather

気象庁は南の風、くもり、夕方から雪、最高気温5℃(標高400 m)を予報しています。予報では日中、一時的に冬型が緩まりますが、その後、強い寒気の南下で強い降雪が予想されています。標高700 mにて気温-2.6℃(6時現在)です。

Travel Advisory行動への助言

危険な雪崩コンディションです。現時点で、昨日の凍結硬度および降雨で濡れた雪面とその後の降雪との境界面での状況について、十分な情報がありません。しかし、それよりも「短時間での多量降雪」というより重要な現象が起きていますので、フィールドでは地形を使った安全のマージンを十分に取る必要があります。経験が浅い方はゲレンデ内で楽しむのが良い選択肢です。一時的に降雪が弱まっても、天気の傾向はさらに悪化ですので、不用意に山中の奥まで入りすぎないように。