TOP > 雪崩情報 > 雪崩情報 > 2018年1月9日7時発表

雪崩情報【妙高(Myoko)】 18/1/9

[ 特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク(JAN) ]
2018年1月9日7時発表の妙高(Myoko)の雪崩情報を お知らせします。

Danger Rating雪崩危険度と傾向

信頼度 (confidence):low アルパインの降雪量の不確実性が高い

Avalanche Problem留意すべき雪崩

湿雪 Wet Snow

標高帯

斜面方位

E SE S SW

誘発の可能性

発生しうる規模

降雨の影響で濡れた雪による全層雪崩や湿雪点発生雪崩

ストームスラブ Storm Slab

標高帯

斜面方位

All

誘発の可能性

発生しうる規模

昨日からの降雪が形成したスラブによる雪崩

Summary概要

雪崩 / Avalanche

昨日(8日)は真新しい雪崩は観察されていません。

積雪 / Snowpack

森林限界付近の日射などの影響を受けない面では、積雪表層に数日前の降雪を原因とした弱い箇所が残るものの、それ以外の不安定性は積雪中層以上には観察されていません。そこに、昨日、午後から始まった本格的な降雨の影響があります。標高が低いところでは、積雪は下層まで十分に濡れ、グライドクラックも拡大しています。

気象 / Weather

気象庁は西の風、やや強く、雨か雪を予報しています。標高1310 mにて気温2℃(6時現在)です。

Travel Advisory行動への助言

標高が低いところでは、降雨の影響でグライドクラックなどが拡大しています。既に、クラックが入っている場所には近づかない、あるいは十分な距離を取ることが必要です。乾いた雪の雪崩に比べ、濡れた雪の雪崩のほうが、その不安定性評価は難しい面があります。しかし、地形を良く見ることで、その危険のマネジメントは簡単に実施できます。スキー場内の迂回路などにいても、山側の斜面がどのような状態なのか、注意してみてください。