TOP > 雪崩情報 > 雪崩情報 > 2018年1月7日5時発表

雪崩情報【かぐら谷川武尊(Kagura/Tanigawa/Hotaka)】 18/1/7

[ 特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク(JAN) ]
2018年1月7日5時発表のかぐら谷川武尊(Kagura/Tanigawa/Hotaka)の雪崩情報を お知らせします。

Danger Rating雪崩危険度と傾向

信頼度 (confidence):low 情報量が少ないため

Avalanche Problem留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm Slab

標高帯

斜面方位

All

誘発の可能性

発生しうる規模

開けた急斜面に注意

ウインドスラブ Wind Slab

標高帯

斜面方位

NE E SE S

誘発の可能性

発生しうる規模

稜線、支尾根直下に注意

Summary概要

雪崩 / Avalanche

昨日(6日)、新たな雪崩の報告はないが情報のエリアが限られており、限定的な観察。

積雪 / Snowpack

5日に南向きの少なくとも標高1600m以下の急斜面では日射によるクラストが形成されている報告があり、その後の降雪により30-40cm下に埋没している。境界面の結合に注意が必要。先日までの荒天による降雪(旧雪層)は徐々に沈降して強度が上がってきている。

気象 / Weather

標高700mのアメダス藤原周辺では15㎝程の新たな降雪。気象庁の発表では、高気圧に覆われるが、気圧の谷や寒気の影響を受ける見込み。このため、明け方まで山地を中心に雪の予報。

Travel Advisory行動への助言

昨日からの降雪により形成された新たなストームスラブや、稜線、支尾根直下に形成されているウインドスラブの存在に注意を払って行動してください。南向きの大きな急斜面では、日中の日射の影響による湿雪点発生雪崩の可能性にも注意してください。低い標高帯では発生した雪崩のサイズが小さくても被害を大きくしてしまう深い沢、がけ、岩、立木等の「地形の罠」が露出しています。自分がいる場所や上部、下部の斜面がどんな地形なのか注意を払ってください。沢底の穴への転落にも注意してください。