TOP > 雪崩情報 > 雪崩情報 > 2018年1月6日7時発表

雪崩情報【白馬(Hakuba)】 18/1/6

[ 特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク(JAN) ]
2018年1月6日7時発表の白馬(Hakuba)の雪崩情報を お知らせします。

Danger Rating雪崩危険度と傾向

信頼度 (confidence):moderate   

Avalanche Problem留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind Slab

標高帯

斜面方位

NE E SE S

誘発の可能性

発生しうる規模

西~北西の風で移動した雪によるウインドスラブ

ストームスラブ Storm Slab

標高帯

斜面方位

N NE E SE

誘発の可能性

発生しうる規模

過去数日の降雪が形成したスラブ

Summary概要

雪崩 / Avalanche

昨日(5日)は、アルパインエリアにて、荒天中に発生したと思われるサイズ2~3の面発生雪崩が、東~南東斜面にて、複数、観察報告されています。また、風と日射の影響を受けない北側の急斜面にて、点発生雪崩が複数報告されています。

積雪 / Snowpack

荒天の雪は落ち着き、地形的な局所にウインドスラブの危険が継続しています。森林限界より標高が低いところでは、積雪中層以下に、留意すべき不安定性は確認されていませんが、アルパインでは不確実性があります。「雪崩概要」にある南東斜面の雪崩の種類は不明ですので、もし、こしもざらめ雪などの持続性ある弱層であれば、本日も、その危険は継続していることになります。放射と低温の影響で、北側の斜面は標高を問わず、良いコンディションにあります。

気象 / Weather

気象庁は北の風、晴れ、後、くもり、最高気温5℃(標高400 m)を予報しています。白馬村内、標高700 mにて気温-11.3℃(6時現在)です。

Travel Advisory行動への助言

風の影響が強い、標高が高い場所などでは、特定の地形に残る不安定性に注意が必要です。特に西~北西の風で形成したウインドスラブが形成した孤立した地形を避けるように。風の影響を受けない北側の急斜面は、スラフが流れる状態ですので、足元をすくわれないように上手くマネジメントしてください。沢底などは、まだ完全に埋まりきっていない箇所もありますので、警戒を怠らないように。天気は下り坂です。ツアー全体のタイムマネジメントを考えた行動を。