TOP > 雪崩情報 > 雪崩情報 > 2018年1月5日7時発表

雪崩情報【白馬(Hakuba)】 18/1/5

[ 特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク(JAN) ]
2018年1月5日7時発表の白馬(Hakuba)の雪崩情報を お知らせします。

Danger Rating雪崩危険度と傾向

信頼度 (confidence):moderate  

Avalanche Problem留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind Slab

標高帯

斜面方位

NE E SE S

誘発の可能性

発生しうる規模

風で移動した雪が形成するスラブによる雪崩

ストームスラブ Storm Slab

標高帯

斜面方位

All

誘発の可能性

発生しうる規模

荒天の雪が形成したスラブによる雪崩

Summary概要

雪崩 / Avalanche

昨日(4日)は、真新しい雪崩の報告は入っていません。ただし、アルパインは雲に覆われており、観察ができていません。

積雪 / Snowpack

標高の低い場所においては、荒天の雪は順調に沈降と焼結を進め、落ち着いてきています。標高の高い場所では、昨日の時点で風が残っており、その風で移動した雪による不安定性に注意が、まだ必要な状況です。標高が低い場所では、昨晩からの降雪はありません。

気象 / Weather

気象庁は南の風、日中、北の風、くもり、最高気温2℃(標高400 m)を予報しています。白馬村内の標高700 mにて気温-9.3℃(6時現在)です。

Travel Advisory行動への助言

特定の地形で雪崩コンディションが高い日です。荒天の雪は落ち着いてきていますが、まだ完全に不安定性が解消したわけではありません。地形が積雪を支えにくい「孤立した地形」などに形成しているウインドスラブに注意を払ってください。また、大きな地形では、厚み15 cmの雪が動いても、人を死に至らしめる可能性の高いサイズ2規模の雪崩になりえます。低温が続いており、雪はドライな良い状態ですので、風の影響を受けていない林間では快適な滑走ができるはずです。地形が素因として持っているリスクを考え、斜面選択をしてください。