TOP > 雪崩情報 > 雪崩情報 > 2017年1月3日7時発表

雪崩情報【白馬エリア(Hakuba Area)】 18/1/3

[ 特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク(JAN) ]
2017年1月3日7時発表の白馬エリア(Hakuba Area)の雪崩情報を お知らせします。

Danger Rating雪崩危険度と傾向

信頼度 (confidence):fair

Avalanche Problem留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm Slab

標高帯

斜面方位

All

誘発の可能性

発生しうる規模

最近の降雪が形成したスラブによる雪崩

ウインドスラブ Wind Slab

標高帯

斜面方位

NE E SE S

誘発の可能性

発生しうる規模

風の影響を受けた雪で形成したスラブ

Summary概要

雪崩 / Avalanche

昨日(2日)は、スキー場内において安全対策を行う南東~東の斜面においては、日中、スキーカットで雪崩が誘発される状態であったことが、スキーパトロールから報告されています。また、山岳エリアでも自然発生および人的な誘発の雪崩が報告されています。いずれもストームスラブによる雪崩です。

積雪 / Snowpack

昨日(2日)の時点で不安定性を示していた積雪に、夜半からの新たな降雪が載っています。この新雪にはあられが多量に含まれおり、また密度の高い降雪層を形成しています。

気象 / Weather

気象庁は北の風、雪、夕方から時々くもり、最高気温2℃(標高400 m)を予報しています。また、3日5時56分、長野地方気象台発表の情報として、白馬村・小谷村に対して「大雪警報」が継続発表されています。大雪警報は、12時間で最大降雪量30 cmを予報する時に発表されます。これは人が住む里に対する情報ですので、山岳エリアでは、それ以上の降雪が見込まれることになります。標高700 mにて気温-4.7℃(6時現在)、標高800 mで過去24時間で26 cmの降雪を記録しています。

Travel Advisory行動への助言

非常に危険な雪崩コンディションです。降雪はこのまま続く予報が出ていますので、雪崩危険度は高いまま推移します。スキー場内でも新雪滑走が楽しめる状態ですので、滑走可とされているコース内でのスキー&スノーボードがお勧めです。林間でも雪崩が発生するコンディションですので、地形に対する安全のマージンを大きく取る必要があります。また、八方尾根スキー場や白馬五竜スキー場の南側の開放斜面は、極めて大きな雪崩が発生しうる状態です。決してロープを潜らないように。