TOP > セミナー&講演会一覧 > ベーシック・セイフティキャンプ(BSC)

ベーシック・セイフティキャンプ(BSC)

ベーシック・セイフティキャンプ(BSC)
簡単なツアーをすることで、地形やグループのマネジメント、そして積雪への理解を深めます。

雪崩に関する包括的な内容をカバーした2日間の入門雪上講習会です。実際に山岳フィールドを移動しつつ、雪崩地形の識別やグループ・マネジメントの方法、積雪不安定性の評価、そして捜索救助の訓練などを行います。一般ユーザーが「可能なこと」「必要なこと」「重要なこと」などを十分に検討した上で標準化されたプログラムです。

【参加について】

参加に当たっては、事前に山岳フィールドでの活動(滑走や登山)などを経験されたからのほうがより効果的です。まったく山岳での活動経験がない方は、ツアー装備の取り扱いの問題もありますので、まずはJAN会員のガイドが実施するツアーに参加されることをお勧めしています。

【目標】

  • 雪崩地形を認識できること
  • 雪崩斜面を避けつつ、基本的な雪崩地形を安全に移動できること
  • 雪崩地形でのルート選択には十分な訓練と経験の必要性を理解すること
  • 積雪の安定性を評価するための基礎を理解すること
  • 積雪の安定性評価は複合的であり、十分な訓練と経験の必要性を理解すること
  • 「雪崩情報」の適切な利用の仕方を理解すること
  • 「雪の掲示板」の適切な利用の仕方を理解すること
  • 雪崩対策に必要な装備と、それらの使用について理解すること
  • 雪崩事故は、重大な結末になることを理解すること
  • 仲間が雪崩に遭った際、捜索と救助が実行できること
  • いかにして安全に経験を積むかを知ること
  • 判断には人的要因が係わっていることを認識すること

【スケジュール】

標準的スケジュールですので、会場によって多少異なります。

<初日>
9:00 集合
9:15 雪崩現象、雪崩地形、積雪安定性
12:00 昼休憩
13:00 捜索訓練(戸外)
16:30 一時解散
19:00 安全行動原則、グループマネジメント
21:00 終了
<2日目>
8:00 集合
フィールドへ、行動判断、グループマネジメント
積雪観察や地形利用、捜索訓練など
15:00 下山
15:30 座学会場に再集合、まとめ
17:00 解散

【装備】

  • デイツアーが実施できる装備
  • ビーコン、プローブ、ショベル
  • 筆記用具