TOP > ニュース一覧 > 【講習会】雪崩業務従事者Level 2・開催概要

【講習会】雪崩業務従事者Level 2・開催概要

2017/18シーズン・日本雪崩ネットワークが実施する現場プロ対象の専門雪崩講習会トレーニングスクール・雪崩業務従事者Level 2の開催についてお知らせ致します。この講習は、基礎訓練であるLevel 1を受講後、フィールドで十分な経験を積んだJAN正会員を対象としたコースです。
  
Level 2について:
雪崩業務従事者Level 2プログラムは、ガイドやスキーパトロールなど雪崩安全対策の現場従事者が直面するコミュニケーションの問題、雪崩ハザード評価プロセスの背後にある人的要因、あるいは適切な意志決定を妨げる個人の思考傾向など、業務におけるリスク管理の問題を包括的に取り扱います。Level 2は3つのModule(モジュール)で構成されており、Module 1は座学、Module 2はフィールド、そしてModule 3は一週間を掛けた試験になります。合格者はカナダやニュージーランドなど、同種のプログラムを実施している海外の雪崩専門機関も認証する資格の所持者となります。
  
  
名 称 :
  トレーニングスクール・雪崩業務従事者Level 2
 
目 的 :
  雪崩安全対策を必要とする業務に携わる個人へ
  国際水準の専門的な技術訓練を提供すること
 
対 象 :
  ガイドやスキーパトロールあるいは業務で雪崩安全対策に関わる方。
  Level 1を受講後、少なくとも3シーズン(100日以上)のフィールド活動が必要。
  
日 程 :
  Module 2 2017年12月25日(月)~27日(水) 白馬(長野県)
  Module 3 2018年03月12日(月)~18日(日) 白馬(長野県)
 
講習料 :
  Module 2 :5万円(定員8名)
  Module 3 :12万円(定員6名)
  ※マニュアルと資料代を含む。宿泊費等は含まない。
  
内 容 :
Module 1は、コミニュケーションスキル、状況認知、危険な態度、ヒューマンエラー、個人の健康、思考スタイル、雪崩業務へのリスク理論の適応、意志決定、チームワークとリスク管理、スノーサイエンス、積雪の空間的多様性、プロフェッショナリズムなどの4日間の座学です。

Module 2は、Module 1の内容を踏まえつつ、気象・積雪・雪崩のデータ収集とハザード評価および予測、雪崩ハザードをベースにしたリスク評価と意志決定プロセスの確認、グループ・ディスカッションなどの現場適応を中心とした3日間のフィールド講習です。

Module 3は、主にフィールドで実施される7日間の試験です。コース期間を通して各受講生は、現場適応した妥当な意志決定ができるか、そのために必要なスキルや知識を持っているか、それらが継続的に審査されます。Module 3に合格するとLevel 2所持者となります。
  
受講資格:
Level 1を取得した後、十分なフィールド経験を積んだJAN正会員。詳細は「こちら」をご参照ください。
 
締 切 :
定員になり次第。
  
申込方法:
Module 2およびModule 3を受講される方は、メールにてお申し込みください。
  
================================
申込日 : 2017年   月   日
講座名 : 雪崩業務従事者Level 2 Module 2
      雪崩業務従事者Level 2 Module 3
  
氏 名 :
ふりがな:
  
性 別 :
生年月日:
住 所 :
郵便番号:
携帯電話:
  
Module 1 受講年:
Module 2 受講年:

  
※ご不明な点などある方はご遠慮なくお問い合わせください。
 
================================
特定非営利活動法人日本雪崩ネットワーク
TEL.045-430-5736 FAX.045-430-5731
Twitter: @npo_jan
Facebook: www.facebook.com/japanavalanchenetwork
Web: www.nadare.jp
email: info■nadare.jp (■を@に変えてお使いください)
================================

ニュース一覧に戻る