TOP > ライブラリ > 『雪崩ハンドブック』

『雪崩ハンドブック』

『雪崩ハンドブック』 『雪崩ハンドブック』 体裁:B5版 343頁
著者:デビッド・マックラング/ピーター・シアラー
翻訳:特定非営利活動法人日本雪崩ネットワーク
発行:東京新聞出版局
定価:2476円+税

北米における雪崩専門書の中で、もっとも定評のある『The Avalanche Handbook』の翻訳を日本雪崩ネットワークが行いました。本書は、理論と実践が融合したプロフェショナル・スタンダードの書であり、スキーパトロール、山岳ガイド、道路管理など、他者の安全に寄与する現場の方に向けた、最良の参考書と言えます。  また、自然コンディションを理解し、妥当と思われる意志決定するプロセスについて、抽象的かつ観念的な感覚的なものではなく、それが誰にでも学ぶことができるものであることを具体的に示していることが、特徴と言えます。

もしあなたがバックカントリーでの雪崩予測を経験のみに基づき、「アート」「不安さ」「第六感」「経験則」「右脳」そして「直感」といったような抽象的な表現で表されるような、また「本能」といった神秘的な概念の領域にあると考えるならば、あなたは早すぎる死に向かう候補者となるだろう。
雪崩予測と意思決定が、そのような類の記述用語で特徴付けられた経験だけに基づいていると考えてしまうと、意思決定がどのようにして生じるかを覆い隠し、それを擬似科学の範疇へと追いやることになる。
雪崩予測と意思決定は、容易に教えることができ、学ぶことのできる、しっかりと基礎づけられた原則に基づくものである。雪崩予測の概念はごく一部の人のためのものではなく、すべての人に手が届くものでなければならない。
~第8章より~

目次

第1章 雪崩の特徴と影響
自然災害としての雪崩/影響を受ける産業/山岳積雪のユニークな特性/時間依存する脆弱性/工学技術による対策、雪崩ゾーニングおよび雪崩制御

第2章 山岳における雪気候と気象要素
山岳気象と雪気候/山岳の風と降水過程/収束…低気圧領域周辺における上昇運動/前線による上昇流/地形性上昇流/対流/降水量の定量的予測/地形降水モデル/山岳地形における局地風/吹雪と飛雪/風下側における堆積…雪崩と雪庇形成/雪面上における熱交換/山岳積雪への熱の流入/放射と積雪との相互作用/温度逆転

第3章 大気中および積雪内での雪形成と成長
大気中における雪結晶の形成と成長/新雪の結晶区分/表面霜…形成と成長条件/積雪の温度および温度勾配/枝の消失…乾いた新雪の初期変態/季節積雪内における乾雪の変態/山岳の季節積雪における乾雪の結晶形態/乾雪におけるクラスト周辺での結晶の成長/山岳における乾雪の結合形成/持続型弱層と非持続型弱層/濡れ雪の変態/高い含水率の雪/低い含水率の雪/濡れ雪の分類/濡れ雪における結合の融解と形成

第4章 雪崩の形成
雪崩の種類/積雪内の変形/面発生雪崩における剪断破壊靭性/山岳積雪の剪断強度の構成要素/積雪の剪断破壊の特性/点発生雪崩の形成/スラブの用語と破断形態/面発生乾雪雪崩の特徴/面発生乾雪雪崩の形成/雪崩予測における雪温の影響/スキーヤー、スノーボーダーおよびスノーモービルによる人為発生の力学に関するノート/湿雪面発生雪崩の形成/氷雪崩/スラッシュ雪崩/屋根雪雪崩/付録4A:雪崩の形成に対して適用されるルール

第5章 雪崩地形、運動、影響
定義/発生区の特徴/走路の特徴/堆積区の特徴/地形分析/雪崩の運動と影響/階級と規模/衝撃圧/デブリの識別と説明/到達距離/雪崩の再現期間/植生の目印からの雪崩頻度/気候と地形の影響/規模に関する地形パラメータ/雪崩の水文学的側面

第6章 雪崩予報に適用される要素
予報と雪崩予報/雪崩予測の7要素/付録6A:雪崩予測における一般的なバイアスもしくは決断の罠

第7章 不安定性の評価と予報に含まれる要素
不安定性の評価/要素の性質/データの収集/クラスⅠ:不安定要素/クラスⅡ:積雪の要素/クラスⅢ:気象の要素/各データの特徴/地方予報と局地予報/旧来の雪崩予報/エキスパートシステム/雪崩予報の実例/一般的な安定性とハザードの格付け

第8章 バックカントリーでの雪崩予測と意思決定のABC
バックカントリーにおける雪崩予測とその哲学 /意思決定のレベル/ABC:セクション

第9章 安全対策とレスキュー
教育方法/雪崩セイフティ・プログラム/装備/移動の際の注意事項/雪崩遭遇の際の生存の可能性/生存者の取るべき行動/ビーコン捜索/プロービング/遭難者のケア/搬送/組織的救助/レスキュー用員の訓練/最も埋没の可能性の高い場所/プローブ・ライン/雪崩救助犬/その他の捜索方法

第10章 雪崩対策
定義/意思決定/スキーコースの予防閉鎖/雪崩検知システム/避難/土地の使用制限/設計によるリスクの最小化/圧縮による安定化/爆発物による雪崩制御/その他の雪崩発生方法/土木工事による対策/森林による制御/風による雪移動の制御
付録A:SI単位
付録B:積雪・雪崩・気象の観測
付録C:高度な雪結晶分類
付録D:雪崩サイズの分類
付録E:発生した雪崩の記録
付録F:危険度、安定性、そしてハザード評価の区分
付録G:雪崩の国際分類
付録H:一般的な爆破制御の例
付録I:リファレンス