TOP > 基本講座 > 意思決定

意思決定

Avalanche Safety
雪崩から生還するために
~ 意志決定の際に忘れてほしくないこと ~

雪崩事故の9割が、犠牲者あるいはその仲間の誘発による雪崩です。積雪不安定性にかかわる重要な情報を見逃さず、慎重に地形を選び、グループの行動を統制することが、雪崩に遭遇する可能性を低くし、もし事故となった場合でも、その被害を軽減させる鍵となります。安全は、あなた自身に掛かっているのです。

積雪の不安定性

new_avalanche

重要な情報を見逃さないように

1. 真新しい雪崩
真新しい雪崩を発見したら、それは積雪が不安定であることの明らかな証拠です。同じ標高、方位、地形形状で、雪崩は発生しうる状態にあると考えてください。

2. 重要な不安定性の兆候
スキーの先端から雪面に走る“シューティング・クラック”や足元の積雪内から聞こえる“ワッフ音”などは積雪が不安定性あることの重要な情報です。

3. 24時間以内の多量降雪あるいは降雨
直近のまとまった降雪や降雨は積雪を不安定にさせます。吹雪後の晴天は、積雪が安定していることを意味しません。

4. 雪を移動させる風
風で移動した雪は、風下斜面に危険なウインドスラブを形成します。降雪がなくとも移動可能な雪があり、それを移動させる強さの風が吹けばウインドスラブは形成します。

5. 顕著な高温あるいは急激な気温上昇
顕著な高温や気温上昇は雪の変形速度を速め、積雪を不安定化させます。

6. 持続型弱層の存在
もし、積雪内に持続型の弱層が存在する場合、吹雪の直後でなくても誘発の可能性が生じます。その判断は難しいので「雪崩情報」や「雪の掲示板」を見るようにしてください。

安全な行動

safetyspot

地形を選び、グループをコントロール

1. 安全なルートを選ぶ
傾斜の緩やかなところや尾根、密な樹林など安全なルートで登ります。危険要素のある場所を選ぶと、登行は時間を要するため、長時間、危険に曝されることになります。

2. 間隔をあけて移動する
地形の規模と積雪の状態に合わせた適切な間隔を常にあけるようにします。危険に曝される人数を減らせば、もし事故が起きたとしても被害を軽減できます。

3. 安全地帯から安全地帯へ
雪崩の危険に曝されない安全な場所を探し、そこを利用しながら移動します。雪崩の危険に曝される場所を行動する時は、仲間が安全地帯に移動するまで注視します。

4. 休憩は雪崩地形を外す
休憩など、ある場所に停滞する際は、必ず、雪崩地形を外します。自分より上方にある雪崩発生区の存在を常に考えるように。

5. 滑る時は一人ずつ
危険に曝される人数を最少にします。また、滑走する前に再集合する安全な場所を決めておき、滑走者を常に見守るように。

6. 地形の罠を避ける
小さな雪崩でも危険度が格段に上がる「地形の罠」が斜面の先にないか確認します。崖、深い谷、漏斗状の地形、あるいは岩や樹林といった障害物などです。

捜索救助

triggerd2

最も大事なことは雪崩に流されないこと

1. もし雪崩に遭ったら

  • 発生に気づいた瞬間に叫ぶ
  • 動き出すスラブの中心から外へ逃げる
  • 雪崩の表層に留まれるように努力する
  • アンカーとなるストックなどを捨てる
  • エアポケットを確保する
  • 埋まったら仲間を信じて穏やかに待つ

2. 仲間による捜索

  • 時間がすべて(助けを呼びに行く時間はない)
  • 最終目撃地点を確定する
  • 自分達の安全の確認(二次被害がないように)
  • リーダーを決め、ビーコンを切り替える
  • 雪面にある残留物を探し、必ず確認する
  • ビーコンで捜索し、効果的に掘り出す
  • 犠牲者の保温に努め、ファーストエイドを実施