TOP > 雪崩情報 > 雪崩情報 > 2017年4月1日7時発表

雪崩情報【白馬エリア(Hakuba Area)】 17/4/1

[ 特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク(JAN) ]
2017年4月1日7時発表の白馬エリア(Hakuba Area)の雪崩情報を お知らせします。

Danger Rating雪崩危険度と傾向

信頼度 (confidence):good アルパインは限定的データによりfair。Alpine is Fair due to limited data.

Avalanche Problem留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm Slab

標高帯

斜面方位

All

誘発の可能性

発生しうる規模

昨日からの降雪による雪崩。Storm slab formed by snow since yesterday.

湿雪 Wet Snow

標高帯

斜面方位

SE S SW

誘発の可能性

発生しうる規模

濡れた雪の点発生雪崩および全層雪崩の危険。Wet loose snow avalanches and full depth snow avalanches.

Summary概要

雪崩 / Avalanche

昨日(31日)は天候が悪く、山に入る人がほとんどいなかったこともあり、雪崩の発生報告はありません。There were no reports of avalanches yesterday due to bad weather, therefore not many people went into the mountains.

積雪 / Snowpack

この数日、大きな変化はありません。昨日は、曇りであったことと、気温がそれほど上がらなかったため、積雪表層の雪はそれほど悪化しませんでした。標高が高いところでは多少の新雪がクラストに載っていますが、この融解凍結クラストが硬いため、滑走は手強い状態です。There is no significant change over the last few days. As there were clouds and the temperature kept low yesterday, the snowpack surface remains the same. Hard melt-freeze crust was formed, which is tough work for riding.

気象 / Weather

気象庁は麓への天気予報として北の風、くもり、昼前から晴れ、最高気温+9℃を発表しています。森林限界付近で過去12時間でまとまった降雪はありませんでした。朝6時の気温は、標高1560 mで-4.9℃です。The Japan Meteorology Agency forecasts cloudy weather with northerly wind. The temperature is reaching +9 degrees in the valley. There was no snowfall the over the last 12 hours around the tree line. Temperature a 6 am is -4.9 C in 1560 m.

Travel Advisory行動への助言

気温上昇の影響を強く受ける森林帯では濡れた雪の雪崩に注意を。森林限界以上では、凍結した斜面での滑落に警戒してください。標高の低い場所では、孤立した地形に残るブロック状の積雪はとても不安定な状態です。グライドクラックが入った場所、あるいは例年、全層雪崩が発生するようなところには近づかないように。また、ノール地形の先にあるクラックは、斜面上方からは視認できません。先が見えない斜 面への滑り込みは慎重に。Pay attention to wet snow avalanches on south facing slopes with elevated temperature effect below treeline. Above treeline be cautious not to slip on steep re-frozen slopes where "slide for life" conditions exist. In low altitudes, isolated blocks of snow are not stable in areas where the entire snowpack is heavily cracked and broken. Stay away from areas with glide cracks, or areas which full depth avalanche is usually observed every year. Cracks on the convex terrains are not visible from the top. Pay extra attention when you ride the slopes with limited visibility.